温泉の効能とは?

温泉にはお湯の種類があって、種類による効能も異なります。
日本では温泉というと疲れを癒しに行く場所というイメージが強いのですが、海外では温泉を医療に結びつけ、療養目的で温泉を利用するのが一般的です。
もちろん日本でも療養目的で温泉に行く人もいますが、お湯の効能は医学的にも認められているため、効能により行く温泉を決める事もできます。

ここでは温泉の効能について種類別に見ていきましょう。
単純泉と呼ばれるお湯は、無色透明でお湯のニオイもしませんが、温泉である以上は普通の水道水を沸かして入るお風呂よりも温まります。
体の芯から温めるので、血行不良を改善し、神経痛や関節痛、筋肉痛や冷え性改善への効能があります。
温泉の湯は飲泉といって飲む事でも実感できますが、単純泉は飲泉効果は期待できません。
塩化物泉は少ししょっぱいお湯です。
切り傷、やけど、皮膚病などへの効能がありますが、飲泉では消化器系や慢性便秘への効能が期待できます。

独特のニオイがする硫黄泉は、糖尿病や高血圧、動脈硬化への効能が期待できます。
飲泉では同じく糖尿病、痛風、便秘への効能が期待できます。
鉄を含む鉄泉は女性に多い月経障害の効能があり、飲泉では貧血への効能が期待できます。
酸性泉は慢性皮膚病への効能と、飲泉では慢性消化器病への効能というように、それぞれお湯お種類で効能も異なります。
入浴も飲泉も医学的効果が確認されていますので、今度温泉に行くときは効能で場所を決めてみましょう。



○特選サイト
疲れを癒せる温泉が集まっている箱根に格安で宿泊できます ―> 箱根 温泉